生産地

Farm

白 川

熊本県南阿蘇市

  1. トップ
  2. 生産地紹介
  3. 白 川

ミネラル豊富な阿蘇の伏流水で
徹底的に「美味しい米」にこだわる

熊本県の阿蘇地域は湧水や温泉が豊富な地域。中でも、阿蘇中岳の火口を含む阿蘇五岳から南に広がる雄大な南阿蘇エリアは、特に水源が多い湧水地だ。観光地としても有名な水源「白川水源」にほど近い場所で米作りを行っているのが田尻さん。この恵まれた水を生かし、より美味しい米を生み出すために採算度外視でこだわり続ける、“米職人”ともいうべき存在だ。

この地で先祖代々、農業を営み
跡を継ぐものとして育つ

先祖代々、この南阿蘇村の旧白水村(はくすいむら)で農業をしてきた家系と聞いており、分家などもあります。私の曾祖父が今の場所で米を始め、だんだん土地を広げ、私も農家の長男だったので、当然、跡を継ぐものとして育てられ、農業学校を経て就農しました。一時期は借地での米作りも行っていましたが、最近は自分の土地での栽培にしぼり、現在は6町5反(約6.5ha)ほどの規模となりました。

恵まれた気候や土地
ミネラル豊富な
阿蘇の伏流水を贅沢に使用

私が持つ水田のうち2町5反は、敷地内から地下水をくみ上げて作ってい、残りは、近隣の農家と共同で近くにある「小池(おいけ)水源」から引いた湧水を使っています。いずれにしろ、ミネラル豊富な阿蘇の伏流水をそのまま使えるのは、本当に贅沢だと思います。ですので、私が作る米も「名水の里 白水ミネラル米」の名称で登録しています。
ちなみに、この南阿蘇地域は平地が少なく、かといって中山間地ほどではない、ゆるやかな傾斜が広がっている土地です。そのため、水田地帯もゆるやかで1枚1枚が広い棚田が広がっています。そして、九州にありながら高冷地で、昼夜の温度差が大きい気候も作物には良い条件で、このような地形・立地も、美味しい米作りにとって恵まれていると思います。

阿蘇五岳見え雄大な景色
火山灰混じりの土の調整も
妥協できないこだわりの一つ

火山灰混じりの土地は酸性が強いため、石灰を混ぜこんで水稲にちょうどいいphまで中和する必要があります。加えて、より良い土を作るため、私は「けい酸加里」という肥料も混ぜ込んでいます。土の調整は難しく大変な作業ですが、ここへのこだわりが米の味に直結するので妥協できない点の1つです。

手間と愛情、投資
すべてを全力でこだわり
米作りに注ぐ

米作りの「環境作り」から徹底的にこだわっています。
例えば他所の米と混ざらないよう、米の乾燥機まで全て自前でそろえ、自分でできる環境を整備しています。また、GPS付きの田植機など最新の農業機械をそろえ、種もみも全て自分で購入し、育苗から全て自前で行っています。手間がかかるので、最近では珍しいのではないかと思います。肥料も、良いと思うもの、うちの土地に合うと思うものは、多少経費かかっても積極的に取り入れるようにしています。ここまでの環境を整えるには費用もかかりますが、「美味しい米」のために納得できる投資であり、採算度外視でもあります。

その上で、先ほど述べた繊細な調整による土作り、ミネラルたっぷりの湧水を使うこと、そして減農薬にこだわっています。農薬を使うのは2回、土の発酵処理の際と、穂がつき始めるタイミングで虫が付かないようにするときだけです。手間と愛情、投資、すべて全力で米作りに注いでいます。

お米を通して
消費者にも思いが伝わり
実績と評価が大きなやりがいに

カネガエのロングセラー商品の1つ「白川水源米」は「九州のお米食味コンクール」へ毎年挑戦しています。一昨年は食味にA評価、昨年は見た目にA評価をいただきました。嬉しさと共に、両方を同時にそろえることの難しさも実感しています。一方で、カネガエさんで長く販売していただき、大手スーパーと専属契約の水田を請け負ったりと、色々なところでの評価が、本当に大きなやりがいになります。
また偶然ですが、どこかで私の米を買われた方が、SNSで「このお米美味しかった」とパッケージ写真と記事を上げてくれたのを、娘が見つけました。米農家にとってこんなに嬉しいことはありません。私は自分のお米が一番美味しいと思って作っています。自宅で食べても「ああ、美味しいなあ」と思っています。そんな思いが、商品を通して消費者の方に伝わっているのが、本当にありがたいです。
そして、これからも妥協なく手間も投資もかけて、味が良い米を追求し続けたい。この旧白水村の土地は、白川水源から白川が流れてきて、美味しい水とせせらぎの音に満ちた美しい土地です。そんな土地の魅力と共に、自分だけの米の味にこだわっていきたいです。お米の味を考えて実践していくのは、本当に面白いです。

地震での橋崩落時も出荷方法を
一緒に探してくれた縁の深い会社

もう30年ほどになるでしょうか?20年前にはうちの米をブランド米「白川水源米」として出してもらい、長期間ロングセラーとして販売していただいています。毎年出荷時に直接通って来てもらっていましたし、熊本地震で阿蘇大橋が崩落し道路が通じなくなってからも、熊本で出荷する方法を探してくれました。本当に縁が深い会社ですね。

他の生産地をみる

生産地一覧へ