お米を使った郷土料理(九州地方編)

前回の「お米を使った郷土料理(中国・四国地方編)」に続いて、今回は『お米を使った郷土料理(九州地方編)』をご紹介いたします。

■ 福岡県・・・かしわ飯
一口大に切った鶏肉にみりん、薄口醤油などで下味をつけ、薄切りにした油揚げ・椎茸、ささがきにし水にさらした人参・ゴボウを混ぜ、みりん、酒、薄口醤油で味付けしたものとかつお出汁でご飯を炊きあげる福岡を代表する郷土料理です。具材を別に煮たものを炊き立てのご飯に混ぜ込んで蒸らして作る方法もあります。

■ 佐賀県・・・須古寿司
もち米を加えて作られた酢飯をもろふたに広げ、ムツゴロウの蒲焼きや有明海の魚介類、椎茸、錦糸卵、ゴボウなどを盛り付け郷土料理です。白石町須古地区に古くからある料理で、お祭りや祝いの席でふるまわれる。

■ 長崎県・・・大村寿司
浅い木箱(もろぶた)に炊きたての米飯を広げて魚の切り身や野菜のみじん切りなどを乗せ、さらにそれを挟むように飯や具を乗せて押し寿司です。江戸時代に砂糖文化が花開いた長崎だけに、シャリも、煮付けた野菜も、甘めの味わい。かつては具材として季節の野菜や魚が使われていたこともあったようです。

■ 熊本県・・・ぶえん寿司
鯛やこのしろ、チヌなどの新鮮な魚を酢でしめて、ご飯に混ぜたほんのり甘い寿司です。『ぶえん』とは「無塩」のことで魚に塩を効かせなくても生で食べられるほど新鮮という意味です。昔は残りご飯に干し大根や生大根を入れて量を増やし、酢締めした魚(コノシロなど)を加えておいしくし、ご飯にも酢を効かせて「つくり置き」できるようにして、忙しい農繁期を乗り切ったそうです。

■ 大分県・・・ひゅうが丼
大分県保戸島の郷土料理です。マグロの赤身を醤油・砂糖などを入れた特製のゴマダレと和え、熱々のご飯の上に乗せた丼です。ひゅうが丼はマグロ漁師達が漁の間に手早く栄養が取れるようにと考案された料理です。

■ 宮崎県・・・冷や汁
魚のすり身に炙った味噌、すりごまなどを混ぜ合わせものを、魚の頭や骨、昆布などでとっただし汁で伸ばした物に、豆腐や輪切りの胡瓜、千切りの紫蘇や茗荷などを混ぜて良く冷やし、温かいご飯や麦飯にかけて食べる郷土料理です。

■ 鹿児島県・・・鶏飯(けいはん)
鹿児島県奄美群島で作られる郷土料理です。茶碗に盛った米飯に、ほぐした鶏肉、錦糸卵、椎茸、パパイア漬けなどの具材と葱、きざみ海苔、刻んだタンカンの皮(陳皮)、胡麻などの薬味をのせ、丸鶏を煮て取ったスープをかけて食べる料理です。

■ 沖縄県・・・カーサムーチー
『ムーチー』とは沖縄の言葉で餅を意味する言葉で、月桃(サンニン)の葉(カーサ)で巻くことから、カーサムーチーと呼ばれます。餅粉をこねて、砂糖や黒糖を入れ、平に伸ばし、月桃の葉で巻いて蒸して作られます。

古くからその土地土地で食べられてきた特産品を上手く取り入れた郷土料理は、どれも美味しそうですね。

お米を使った郷土料理(九州地方編)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL