お米を使った郷土料理(中国・四国地方編)

前回の「お米を使った郷土料理(関西地方編)」に続いて、今回は『お米を使った郷土料理(中国・四国地方編)』をご紹介いたします。

■ 鳥取県・・・豆腐めし
豆腐めしとは、冬至の前後に食べられる乾煎りした豆腐と山菜を炊き込みご飯にした家庭料理です。豆腐を炒める時の音が雷に似ていることから「どんどろけめし」とも呼ばれています。豆腐めしの起源は、葬儀の賄いをした女性たちが、賄いが終わった後で食べていたものだと言われています。もとは、豆腐に大根や菜っぱを加えただけの簡素のものだったそうです。

■ 島根県・・・うずめ飯
島根県西部(石見地方)の山間部で食べられている郷土料理です。椎茸やニンジン、かまぼこ、高野豆腐等を賽の目にしたものを塩、薄口醤油で煮る。その上にご飯をのせ、薬味に、刻み海苔、わさび、三つ葉を加え熱々のだし汁をかけて食べます。具材は地域によって様々で、魚や肉を入れることもあります。

■ 岡山県・・・ままかりずし
ままかりずしは、ニシン科の魚「サッパ」を開いて酢漬けにし握り寿司にした岡山県を代表する郷土料理です。あまりのおいしさにママ(ご飯)が足りなくなり隣の家から、ママを借りて来たため「サッパ」のことを「ママカリ」と呼ぶようになったと言われています。「ママカリ」料理には「ままかりずし」の他に酢漬けや塩焼き、唐揚げ等があります。

■ 広島県・・・あなご飯
穴子の頭と中骨、昆布でだしを取り、そのだし汁と醤油でご飯を炊き、タレの染み込んだ穴子の蒲焼をご飯の上に敷き詰めた郷土料理です。瀬戸内海の漁師料理「あなごどんぶり」が発祥とされ、「あなごどんぶり」に工夫を凝らし駅弁として明治時代に売り出したものが旅人に人気となり広まったと言われています。

■ 山口県・・・岩国寿司
酢飯と魚の身を混ぜて木の器に詰め、その上に錦糸卵やレンコン、椎茸を散らし、同様に何層も重ねて、重しで仕上げる押し寿司です。一度に5升程のお米を用いて作られ、食前に切り分けて食します。発祥は、岩国藩主に命じられ考案された保存食という説や、藩主への献上品といった説などが存在し、別名「殿様寿司」とも呼ばれています。

■ 徳島県・・・鰺の押し寿司
鰺を背開きにして頭まで開き、中骨を切り取り酢に漬け込む、酢漬けにした鰺で酢飯を包み込み、上から軽く重石をのせる押し寿司です。鰺の押し寿司に使われる鰺には「ゼニ(銭)」と呼ばれる堅い鱗が体側にあることから、縁起物として祝い事に使われました。秋祭りの時期になると作られる押し寿司です。

■ 香川県・・・押し抜きずし
木型に酢飯を半分ほど詰め、フキや椎茸、さらに酢飯をのせ、その上に酢でしめた鰆(さわら)、そら豆、エビ、卵、菜の花、山椒の葉などを散らして作る郷土料理です。若嫁さんが、さわらを持って里帰りし、実家では押し抜きずしを押し、これを持参して婚家へ戻るしきたりは、県下一部の地域で続いています。

■ 愛媛県・・・もぶり飯(松山鮓)
エソやトラハゼ等の瀬戸の小魚でダシをとった甘めの合わせ酢で作った酢飯に刻みアナゴや季節の野菜などを混ぜ、錦糸卵をちらして季節の小魚をふんだんに盛り付ける郷土料理です。「混ぜる」ことを方言で「もぶる」と言い、「もぶり鮓(もぶり飯)」とも呼ばれています。地元の小魚のおいしさが凝縮されたもぶり飯(松山鮓)は、現在でも松山の代表的な郷土料理として根強い人気があります。

■ 高知県・・・つわずし
足摺から窪津のあたりで作られてきた、3升もご飯の入る箱につわぶきの葉を敷き詰めて何段にも繰り返し寿司を重ね、最後に赤く染めた海藻とニンジンの葉で美しく飾り付けられた郷土料理です。使用する大きな箱は「おしぬき」といい、大きな型を抜き取ることから喜寿の祝いや厄抜けの席で「厄が抜けた」と喜ばれる縁起物です。

古くからその土地土地で食べられてきた特産品を上手く取り入れた郷土料理は、どれも美味しそうですね。

今回は中国・四国地方のお米を使った郷土料理でしたが、次回は九州地方編をご紹介したいと思います。

お米を使った郷土料理(中国・四国地方編)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL