お米を使った郷土料理(関西地方編)

前回の「お米を使った郷土料理(中部地方編)」に続いて、今回は『お米を使った郷土料理(関西地方編)』をご紹介いたします。

■ 三重県・・・てこね寿司
三重県志麻地方のかつお漁師が漁の合間に手軽に作れる食事としてぶつ切りのかつおと調味料を持参した酢飯と手でこねて食べたのがはじまりといわれています。てこね寿司は、カツオやマグロなどの赤身のお刺身を醤油などで作ったタレに漬け込み、酢飯と混ぜ合わせたお寿司です。大葉やしょうが、のりなどを散らして食します。

■ 滋賀県・・・ふなずし
琵琶湖の大型のフナ、主にメスの二ゴロブナの卵巣以外の内臓を取り除き塩を詰めて3ヶ月ほど重しをして漬け込む、塩を漬け込んだフナを取り出してよく洗い、飯に塩を混ぜたものを詰め再度数ヶ月から長いもので2年程漬け込んでから食します。

■ 京都府・・・うずみ豆腐
うずみ豆腐は京都の精進料理です。うずみ豆腐の「うずみ」は「うずまる」「うずもれる」という意味で豆腐がご飯の中にうずまっている、埋もれている状態になることからこの名がつけられました。温めた豆腐の上から豆腐が見えなくなるくらいに炊き立てのご飯を盛りつけ、京都特産の白味噌仕立てのだし汁を注ぎます。

■ 大阪府・・・箱寿司
木製の型に海老や魚の切り身を敷き詰め、その上に酢飯をのせて押し四角い形に整える寿司です。”押し寿司”や”大阪寿司”とも呼ばれます。大阪府では明治時代にサバやアジなどを使った押し寿司が普及し、その派生料理として日常的なおもてなしを目的に鯛や海老、穴子などの高級食材を使った「箱寿司」が考案されました。

■ 兵庫県・・・蛸飯
たことご飯を炊き込んだ郷土料理です。瀬戸内海周辺の島嶼、海岸地域を中心に食べられています。地域によって調理法は異なりますが、干しだこで炊くことで生臭さが消えてより香ばしくなります。また、大根と一緒に炊き込むとたこが柔らかくなります。

■ 奈良県・・・柿の葉すし
奈良県吉野地方の郷土料理です。鯖、鮭などの魚の切身を酢飯にのせて柿の葉で包んだ押し寿司です。夏から秋にかけてのお祭りの際に各家庭で作られ食べられてきた御馳走です。柿の葉は、タンニンが多く緑色があざやかな渋柿の葉が使われます。東吉野地域では、山に自生している朴の葉を柿の葉のかわりに使い「朴の葉ずし」を作ります。

■ 和歌山県・・・めはりずし
漬け込んだ後に味付けした高菜の葉でご飯を包む郷土料理です。山仕事や畑仕事の合間に食べる弁当として作り始めたのが起源です。めはりずしの名前の由来には諸説ありますが「目を見張るほど大きな口を開けて食べる」や「目を見張るほどおいしい」ということから名付けられたと言われています。

古くからその土地土地で食べられてきた特産品を上手く取り入れた郷土料理は、どれも美味しそうですね。

今回は関西地方のお米を使った郷土料理でしたが、次回は中国・四国地方編をご紹介したいと思います。

お米を使った郷土料理(関西地方編)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL