お米を使った郷土料理(北海道・東北地方編)

日本では古くからお米が食されてきました。その食べ方は多岐にわたり、白飯、おにぎり、炊きこみご飯以外にも、お米の粉を使った餅やお団子、煎餅・おかき、酒や調味料までと色々です。

そんな日本人が愛してやまないお米を使った郷土料理が全国には沢山あります。今回は北海道・東北地方のお米を使った郷土料理をご紹介します。

■ 北海道・・・いかめし
北海道函館地方の郷土料理。下足(げそ)を取り外し、腹ワタを取り除いたイカの胴身に洗った米を詰め込み、醤油ベースの出し汁で炊きあげた料理。

■ 青森県・・・けいらん
主に青森県南部の下北地方で食べられている郷土料理。もち米をこねて鶏卵の形に丸め小豆のあんを中に入れたものを、昆布としいたけのだしでとった汁で食べるもち料理。 

■ 岩手県・・・あゆずし
岩手県花巻市の郷土料理。あゆのハラワタを取り除きよく洗って塩と酢でしめ、一夜ねかせたものにすしめしをつめて形を整えて少し時間をおいてなじませた料理。

■ 宮城県・・・ずんだ餅
主に東北地方の南部で親しまれている郷土料理。茹でた枝豆の薄皮を剥いてすり潰したものに砂糖を混ぜたものをお餅にまぶして食べる料理。「ずんだ」の語源は、豆を潰す意味の「豆打(ずだ)」からという説が一般的。

■ 秋田県・・・きりたんぽ鍋
うるち米を潰し木の棒に巻きつけちくわ状に焼きあげた「きりたんぽ」を、地鶏やごぼう・きのこ・ねぎ等と一緒に鶏ガラのだし汁で煮込む鍋料理。「きりたんぽ」は、冬期に狩猟を行う猟師(マタギ)が保存食として携行し始めたのが起源とされています。

■ 山形県・・・うこぎごはん
上杉鷹山公が栽培を奨励した「うこぎ」はトゲがあるので防犯用の垣根になり新芽は食用にもなるという、利用価値の高い木です。独特の香りとほろ苦さがあり強壮に良いとされる「うこぎ」の新芽や若葉を摘み茹でてごはんに混ぜた料理が「うこぎごはん」です。

■ 福島県・・・しんごろう
福島県南会津郡南会津町や下郷町に伝わる郷土料理。半殺し(はんごろし・はんづき)にしたうるち米を竹串に刺したものに、すり潰したエゴマ(じゅうねん)と、味噌・砂糖・みりん等を混ぜ合わせたじゅうねん味噌を塗って火で炙った料理。

その土地々々で様々なお米を使った郷土料理が食べられています。海の幸、山の幸と共に工夫を凝らした料理の数々はどれも興味深いですね。

今回は北海道・東北地方のお米を使った郷土料理でしたが、次回は関東地方編をご紹介したいと思います。

お米を使った郷土料理(北海道・東北地方編)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL