お米を使った郷土料理(関東地方編)

前回の「お米を使った郷土料理(北海道・東北地方編)」に続いて、今回は『お米を使った郷土料理(関東地方編)』をご紹介いたします。

■ 茨城県・・・塩鮭の押し寿司
正月に食べる新巻鮭を使ったお正月料理です。ゆずの香りが鮭の生臭さを消し,食欲をそそります。

■ 栃木県・・・ばんだい餅
栃木県の湯西川・栗山・川俣地域に伝わる郷土料理。もち米を使わず「うるち米」を蒸し捏ねたものを2㎝位の厚さに延ばし、串に刺し砂糖味噌をつけて焼いた料理。「ばんだい餅」の語源は、板の上で叩いて伸ばして作ったことからという説があります。

■ 群馬県・・・焼きまんじゅう
小麦粉にどぶろくを入れ、その麹で発酵した生地を団子状にして串にさし、味噌だれをぬって火にかけ焦げ目をつけた料理。発祥には諸説ありますが一番有名なものに、養蚕業や絹織物業が盛んな群馬県で繊維関係の商工業者間の交流で広まったとされる説があります。

■ 埼玉県・・・かてめし
埼玉県の秩父地方の郷土料理。さいたま市などでも食べられている混ぜご飯の一種。大根やゴボウ、人参、椎茸、油揚げ、コンニャクにヒジキ、タケノコ、わらび等の山菜など季節や地域によって様々な具材をご飯に混ぜて炊きあげる料理。「かてめし」の名前の由来は、米の生産が比較的少ない地域で、ごはん(糧=かて)の量を増やすために具を加えていたことからきているそうです。

■ 千葉県・・・落花生おこわ
千葉県の八街(やちまた)市で主に食べられている郷土料理。特産の生落花生を甘露にし、あずきと一緒におこわに炊き上げた料理。赤飯とは違った落花生の甘みが楽しめる料理です。

■ 東京都・・・深川丼
アサリやハマグリ、ねぎ、油揚げが入った味噌汁をご飯の上にぶっかけて食べる丼ぶり料理。江戸深川漁師が船上で手早く作れ、栄養補給を目的として生まれたとされる。

■ 神奈川県・・・へらへら団子
横須賀市佐島に伝わる郷土料理。小麦粉や上新粉に水を加え平たく練り上げた団子をちぎり熱湯でゆで、餡をからめた料理。団子を押しつぶして平たくした形から、へらへら団子と呼ばれるようになりました。

古くからその土地土地で食べられてきた特産品を上手く取り入れた郷土料理は、どれも美味しそうですね。

今回は関東地方のお米を使った郷土料理でしたが、次回は中部地方編をご紹介したいと思います。

お米を使った郷土料理(関東地方編)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL