お米の品種について その1

日本国内では、300種類以上のお米の品種が作付けされており、寒さや病気に強く育てやすい・甘みが強く粘りが良いなど品種改良により様々な特徴の品種が誕生しています。

今回は、「お米の品種について その1」と題してお米の品種別の特徴をご紹介します。

「お米の品種について その1」でご紹介するのは『コシヒカリ』・『ひとめぼれ』・『あきたこまち』の3品種です。

■ コシヒカリ

人気・生産量ともにナンバー1のお米です。日本の米の作付け面積のうち3分の1以上を占め、生産地によって味に大きく違いがあります。

味の特徴は、旨み・粘り・柔らかさ・香り・見た目の全てにおいて優れたお米です。旨み・粘りが強く食べ応えのあるお米なのでハンバーグや唐揚げなど味の濃いおかずや冷めても美味しい特性を活かしおにぎりやお弁当に最適です。

■ ひとめぼれ

冷害に強く、作付け面積はコシヒカリに次ぐ全国第2位の規模の人気の高い品種です。

栽培が比較的簡単なため、北は青森から南は沖縄まで広い地域で栽培されています。

味の特徴は、ツヤと適度な粘り、口当たりの良いバランスに優れたお米です。粒が大きく柔らかいので、高齢者層に人気のお米で和食料理全般との相性が良いです。

■ あきたこまち

秋田で作付け面積の80%のシェアを持つ秋田県を代表するお米です。秋田出身の小野小町(おののこまち)にちなんで、『あきたこまち』と名付けられました。

味の特徴は、旨み・甘み・粘り・歯ごたえなどのバランスが非常に良くあっさりと食べられるお米です。バランスが良くお米の味がしっかりしているので、洋食や中華料理などの味の濃いおかずと相性が良いです。

今回は、『コシヒカリ』・『ひとめぼれ』・『あきたこまち』と人気・生産量の高い3品種をご紹介しました。品種によって、粒の大きさや味にも大きく違いがありますので、味の好みや料理別でお米を使い分けても良いですね。

「お米の品種について その2」でも魅力たっぷりの品種をご紹介したいと思います。

お楽しみに♪

お米の品種について その1

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL