万能!!お米のとぎ汁活用術!

皆さん、こんにちは。

今回は、お米を研ぐ時に出るとぎ汁の活用術をまとめました。

お米のとぎ汁をそのまま捨てていませんか?お米のとぎ汁は『野菜の灰汁抜き・大根等の下茹で』、『お掃除』などいろいろと活用できる万能アイテムです。

■活用術1. 野菜の灰汁抜き・大根などの下茹でに!
お米のとぎ汁で下茹ですることで、苦味や臭みなどの灰汁を抜き柔らかくなり味が染み込みやすくなります。とぎ汁が野菜の灰汁を包んで、灰汁が野菜に戻らないようにしてくれるそうです。根菜類など灰汁や苦味が出やすい素材を煮込む時におすすめです。

■活用術2. ワックス効果でピカピカ!床掃除に
お米のとぎ汁には、「オリザオイル」という成分が含まれているのでワックス効果(油分)がありますのでフローリングにツヤが出てピカピカになります。床掃除に使用するお米のとぎ汁は、白濁が濃いものだけを溜めてください。雑巾をとぎ汁につけ固く絞りフローリングの木目にそって拭きます。ワックスをかけたようにピカピカになりますよ。

■活用術3. 土鍋を長持ち!
買ったばかりの土鍋を使用する前に、お米のとぎ汁を入れて煮沸させることで土鍋のもちがよくなります。土鍋の7~8分目までとぎ汁を入れ弱火で10分かけ沸騰させます。沸騰したら火を止めて土鍋が冷めるまで待つだけです。

■活用術4. 白い洋服を白く!
白い洋服・下着は何度も身につけているうちに汗や皮脂で徐々に白さがあせてしまします。お米のとぎ汁で洗ったりすすいだりすることで、色あせてを防ぎツヤが出て白い色が蘇ります。

■活用術5. 家庭菜園やガーデニングの水やりに!
お米のとぎ汁には、リン酸・カリウム・窒素・ミネラルなどのたくさんの栄養素が含まれているので家庭菜園やガーデニングの水やりにおすすめです。水やりに使用する時は、上澄み液だけをやるようにしましょう。とぎ汁には、デンプンなどの栄養分も多く含まれるので害虫やカビの原因になることもありますので、与えすぎないように注意しましょう。

お米のとぎ汁活用術、ぜひ試してみてください。

万能!!お米のとぎ汁活用術!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL