味覚分析でできることページを追加いたしました

味覚分析とは…感覚的な表現になりがちな食べ物の味を味覚センサーで分析することで、「甘味」「旨味」「塩味」「酸味」「苦味」の基本5味に加え、口に入れた瞬間の「先味」、飲み込んだ後も口に残る「後味」を構成する味「旨味コク」や「苦味雑味」などを含む11項目で味を表現する味覚分析法です。

味覚分析でできること1
味覚分析でできること2

お米は、同じ品種・産地でもその年の天候などによって味にばらつきが出ます。その為、常に同じ味のお米を安定的に提供することが難しく、品質を維持する為には長年培った職人の経験や技術に頼らざるを得ませんでした。

このような問題を解決するため、カネガエでは味覚分析を導入しいつでも同じ味・同じ品質のお米を安定供給できる体制を整えています。

詳しくは『味覚分析でできること』ページをご覧ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL