そもそも「合」って?

合は、お米やお酒などの体積を量る単位です。お米の場合でいうと、一人当たりの1食分程度の量とされています。なので、3人家族の場合、少な目に2合・適量で3合・ちょっと多めで4合・たくさん食べる方はそれ以上となるのでは?

また10分の1という意味もあり、登山などで山の高さを表す場合に使われていることをご存知ですか?山の高さで利用される場合は、その山の頂上を10合とし、10等分した高さを1合とする。つまり5合目といえば、ちょうど真ん中あたりのことですね。

数値に換算すると
1合=約0.18039 リットル(180.39ml)
180ml=約150g※米の乾燥具合により多少増減、140~160g程度
1升=10合=1.8リットル

【合をグラムに換算する場合の注意点】
合は体積を量る単位であり、グラムは重さを量る単位です。そのため、合からグラムに換算する場合は、量るものの比重や温度によって重さが変わります。

【同じ1合でも重さが違うのはなぜ】
お水1合=180ml=180g
お米1合=180ml=150g
※お米の場合は、米粒同士の間に空間ができるので、液体に比べて軽くなります。

お米1合を炊き上げると約300g(お米の重さの倍量)程度になると言われています。1合を食べるとどれくらいかご存知ですか?

・カレーなら約1杯分
・お茶碗だと約2杯分
・おにぎりだと約3個分
・お寿司だと約15貫

何気なく使っている「合」もなかなか奥深いですね。

そもそも「合」って?

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL