お米の美味しさそのままに保存する方法

皆さま、こんにちは!
以前「意外と知らない!?精米したお米の賞味期限」と題して、春夏・秋冬ごとのお米の「賞味期限」の目安や、季節や気候・保存方法によって「賞味期限」に影響を与えることについてお話しましたよね!(※お米のまめ知識:意外と知らない!?精米したお米の賞味期限を参照)

今回は、そんなお米の「おすすめの保存方法」についてお話します。

お米を安心・安全に美味しく食すために気を付けたい保存ポイントは次の3つです。

1. 保存場所 2. 保存容器 3. 保存期間

保存ポイント1

18℃以上・多湿の条件が揃うとお米に付く虫が発生しやすくなりますので、お米を保存する時は「比較的涼しい場所(10~15℃)で温度・湿度が低く日光の当たらない暗いところ」が適しています。お米は保存期間中、温度を10℃下げることで酸化する速度を常温保存時よりも半分近く遅らせることができます。冷蔵庫の野菜室で保存すると常温保存より2倍も美味しさが持続されます。

お米の美味しさそのままに保存する方法1

保存ポイント2

お米の保存容器といえば「米びつ」ですよね。「米びつ」はボタンを押すだけで一定量が出てきて、とっても便利ですが、正しく使わないと虫などが発生する原因となります。新しいお米を入れる前には、必ず古い米ぬかやゴミが残らないように綺麗に掃除しましょう。また、注ぎ足しは厳禁!必ず使い切ってから新しいお米を入れましょう。

「米びつ」を使われていない方は”密封できる容器”に入れて空気を遮断して保存しましょう。お米は空気に触れることで乾燥し、酸化が進んでしまいます。保存容器は、真空容器、チャック付ビニールパックや蓋付きのプラスティック容器、小さいサイズのペットボトルなどがおすすめです。

また、お米にはたくさんの小さな穴があいているため、臭いを吸収しやすい性質があります。ですので、洗剤や香水、灯油、ガソリンなどの臭いの強いものと一緒に保存すると臭いが移る場合がありますので、注意して保存しましょう。

お米の美味しさそのままに保存する方法2

保存ポイント3

お米もお野菜と同じで鮮度が大切です。精米したお米は時間が経てばどうしても味が落ちてしまいます。常にお米を安心して美味しく食すためのコツは、適量をこまめに買うことです。

適量の目安とは、冬場なら2ヵ月以内、春秋なら1ヵ月以内、暑い夏場なら2週間以内に食べきれるくらいの量です。

いかがでしたでしょうか?保存ポイント1~3を実践することで安心・安全に美味しいご飯を召し上がっていただけるかと思います。

是非とも、試してみてくださいね!

お米の美味しさそのままに保存する方法3

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL